読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急性胃炎は、外因性と内因性がある。細菌やウィルスの感染によるものは、感染性胃腸炎と呼ばれる

 こんばんは(^^)

胃の調子が悪い時の症状として、

・腹痛と胃の痛み

・胃もたれと胸やけ

・げっぷと悪心・嘔吐

と説明してきました。二日酔いについては、セルフケアで取り上げたので省きます。

 

f:id:Ikilu:20161210161336p:image

 

今日から胃炎について説明していきます。

胃炎を急性胃炎慢性胃炎

 

f:id:Ikilu:20161210161637j:image

内視鏡(胃カメラ)による胃炎の所見は、

・表層性胃炎

・びらん性胃炎

・萎縮性胃炎

に分類されます。胃粘膜の欠損が粘膜層より深くえぐられてしまったものは「胃潰瘍」と診断されます。

 

まあ、市販の薬を買いに来る場合は、はっきり診断はできないですね。

 

急性胃炎

急性胃炎は、急激な症状を伴った発症する胃の炎症です。げんいんがはっきりしていることが多いいです。さらに外因性と内因性のものがあります。

 

外因性胃炎

みぞおちあたりの強い痛み、胃もたれ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胸やけなどの症状が現れます。急激に潰瘍にまで至ったときは、下血や吐血がみられることもあります。

 

内因性の急性胃炎

細菌やウィルスの感染によるものは「感染性胃腸炎」と呼ばれます。主な症状は、嘔吐と下痢です。嘔吐または下痢のみ場合、嘔吐の後下痢がみられる場合とさまざまで、症状の程度にも個人差があります。37〜38℃の発熱がみられることもあります。一般に予後は良好ですが、お年寄りや乳幼児が感染すると、嘔吐や下痢、発熱で脱水症状を起こすこともあるので注意が必要です。最近では冬に中心にノロウィルスの集団感染が起こり、その予防や対策がよびかけられていますね。

 

 

急性胃炎の主な原因

外因性

   ・薬材

        非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド、      

        抗がん材など

 

   ・食事

       過剰な香辛料、暴飲暴食、アルコールなど

 

   ・過剰なストレス

       手術、熱傷、外傷、侵襲的検査、

       精神的ストレスなど

 

内因性

  ・ 細菌感染

        サルモネラカンピロバクター

         エルシニア、病原性大腸菌腸炎ビブリオ

         腸管出血性大腸菌(O157)

 

   ・ウィルス感染

      ノロウィルス、ロタウィルス、

      アデノウイルス、札幌ウィルス

      アストロウィルス

 

   ・ヘリコバクター・ピロリ急性感染

      ヘリコバクター・ピロリ

 

   ・寄生虫感染

        アニサキス症(生の魚介類に存在する寄生虫感染症)

   ・アレルギー性

        食べ物(魚介類など)にアレルギーのある場合

 

 

胃炎かなと思ったら、何が原因か考えておくといいですね。適切な治療や薬選択に重要です。

 

 今日もありがとうございます(^^)

 

 

明日は、慢性胃炎について書きます。