読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二日酔いのセルフケア② 飲酒前

こんにちは

前回は、アルコールの代謝について書きました。

 私は、ずっとお酒をのんでも、顔が赤くならないので、お酒に強いと思っていました。20代後半位から2~3杯ぐらいしか飲んでないのに、嘔吐や気持ち悪くなることが多くなってました。そう考えると私は、②お酒に弱いタイプ AGタイプかなと思いました。

では、今日は、二日酔いの対策について書いていきます。

 

二日酔いの対策

飲酒前

空腹を避ける

お腹が空いた状態で、いきなりお酒をのむのは厳禁です。飲む1~2時間前までに軽食をとるとよいでしょう。胃の中の食物が入ることでアルコールの吸収速度が遅くなり、血液中のアルコール濃度の上昇速度が穏やかになります。これで急激に酔いが回ったり悪酔いしにくくなります。

 

牛乳を飲むはまちがい?

 牛乳は、空腹を満たす意味は、あるそうですが、二日酔いの効果はないようです。

昔は、牛乳の乳脂肪分が、胃の粘膜を保護してくれると言われていました。今は、脂肪が二日酔い予防にいいようです。オリーブオイル、バター、サワークリームなどが思い浮かびますね。また、温かい緑茶の成分のカテキンは、胃の粘膜を、保護するので、おすすめだそうです。

 

OTC薬による予防

肝臓の機能強化…メチオニンタウリン、肝臓水解物

 

アセトアルデヒド代謝促進…L-システイン、黄連解毒湯

 

胃粘膜保護…スクラルファート、セトラキサート塩酸塩、アルジオキサ

 

飲酒中

 ・肝機能を高めるおつまみ

     タンパク質が豊富なもの

               枝豆、豆腐、焼き魚、

             ☆焼肉は脂肪分が多いものは✖︎

     タウリンが豊富なもの

               カキ、イカ、タコ

   システインご豊富なもの

             ゴマ、うずらの卵、キウイ、そば

 

・ビタミン、ミネラルを補給するおつまみ

            サラダ、野菜スティックなど

・水を飲むのもお酒の吸収を遅らせるのに良い

 

まとめ

・お酒の吸収を遅らせるため、飲酒前になにか食べる。

・昔から推奨されていた飲酒前に牛乳をのむことは、空腹を満たす程度の役割しかないようだ。

・適度な脂肪や緑茶がおすすめ

・飲酒中は、肝機能を高めるおつまみ、ビタミン、ミネラルを補給するおつまみを食べるようにする。枝豆、豆腐、焼き魚、カキ、イカ、タコ、ごぼう、うずらの卵、キウイ、サラダ、野菜スティックなど

 

メニューの中から二日酔いの予防になりそうで、美味しいものを賢く選択したいですね。

私は、オリーブオイルが入ったサラダとバターが入ったあさりの酒蒸しなど食べたくなりました。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(^^)

次回は、お酒を飲んだ後から書きたいと思います。